結婚祝いの贈り物について

結婚祝いの贈り物は、相手がもらって嬉しいものを贈ることが基本です。

何を贈るか悩む人も多いです。親しい間柄であれば、相手にあらかじめ聞いておくことがいいでしょう。

一般的に、結婚祝いを贈る時期は、挙式の1か月前から1週間前と言われていますが、入籍、結婚の報告を受けたら、早めに送るのも失礼にはあたりません。



付き合いが長い、親しい友人であれば、早めに贈るほうが喜ばれます。
結婚祝いの贈り物をするときの注意点は、挙式の当日に持参するのはマナー違反です。


荷物がたくさんあるし、当日持って帰ってもらうのは失礼にあたります。

贈り物でいけないといわれているものは、ナイフやハサミ等の刃物は、縁が切れるといわれています。

共同通信社に関する情報をまとめました。

お茶は法事に使われることが多いので、避けたほうがいいでしょう。

くしも、苦しみを表すので、マナーとして贈らないほうが良いでしょう。
親しい関係であれば、相手が欲しいものを、前もって聞いておくといいでしょう。

もらって嬉しいものを贈るのが基本です。

自分がもらっても迷惑になるもの、大きくて置き場所に困るようなものは、贈り物にはふさわしくありません。二人へのお祝いなので、一般的には、結婚祝いの贈り物は、二人で使えるものを選ぶと喜ばれるでしょう。


キッチングッズや、食器セット等も、日常的に使うものなので喜ばれます。

結婚祝いの贈り物に注目が集まっています。

家電製品もこれから揃える場合もあるので、贈られた相手が、金額に負担にならないものであれば喜ばれます。


予算も考えて、贈られた相手が負担になりすぎないものを選ぶことが大切です。